Skip to content

ラオウの名言と奴隷的気持ち悪さ

何ともいえぬ奴隷的気持ち悪さとラオウの名言。

「意思を放棄した人間は人間非ず ただ笑いと媚に生きて何が人間だ!」

 

海外ドラマのウォーキングデッドでも、その残虐な力を背景にトップに立ったニーガンとの抗争でもあったあの感じ

見た人は結構ショッキングなシーンだったみたいだけど、敵勢力のニーガンに捕らわれ、正座させられ仲間だったグレンが仲間や恋人の前で撲殺されるシーン・・・

例えて言うならヤクザやテロ組織等に捕らわれ、圧倒的な力の差で拘束され、何もできずされるがまま・・

 

現実は白黒簡単に結論づけることは出来ないし、単純に割り切れないことだらけ

ただ生きれればいいなら奴隷に徹すればいいし、機会をうかがって中から変えることもできるかもしれない

しかしラオウはなおも言うであろう、「己を捨てて何が無抵抗だ!」

 

それが国家レベルになると、自由主義経済という幻想や、平和主義といった欺瞞といった形で表出してくる。それって果たして国と呼べるの?というレベル。

ニーチェやケインズに説教されればいいのにな

にほんブログ村 音楽ブログへ

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください