Skip to content

コミカルな狂気とノスタルジー

BUCK-TICKの狂気、というか変テコな楽曲「君のヴァニラ」  

今回は音源とかライヴ映像とかから音をひろってみましたが、今井パートはワウで音作っててノイズ成分が多く

基本ピッキングハーモニックス以外は聞き取りにくかったかな。

 

意図的なアレンジは加えてないので聞こえたままで、バッキングがちょっと粘っこくなっちゃいました。

歌に関しては低いとこが印象的な楽曲なので、オクターブで上がったり下がったりと、音をとるのが難しいですね。

 

ガラクタ感のある間奏部分は、アコギ?とか思いましたが、なんとなくエレキの生音をマイクで拾ってみたらそんな感じだったので

おそらくそうなんでしょう(適当)・・違うかな?

 

ただまあ前奏部分や間奏部分はメロディがある訳でもなく、サイコパス部分としまして、ダダイズム、花園、もとい自由時間だとしました(笑)

 

そういった今井氏の天然の感性というか、コミカルな感じや狂気が入り混じってる感がありますね。

近年の櫻井氏に至るともう魔王、いやヴァンパイアですね。おそらく人間からジョブチェンジしたのでしょう。

人間年齢で言えば52歳みたいなので、おそらく赤い液体かなんか飲んでて30052歳とかじゃないと色々と辻褄が合いません。  

 

それはともかく、個人的にBUCK-TICKの世界観って、 櫻井氏のゴシックな耽美派的表現やダンディズム、今井氏のシュールでコミカルな狂気等が融合して、

なんというかデカダンでノスタルジーな、壊れたオモチャ感、歪んだ愛憎みたいな雰囲気だったり

寺山修司、天井桟敷とか、エログロナンセンス、作家さんでいうと「まどマギ」なんかの劇団イヌカレーさんにも通ずる世界観も感じたり。

 

BUCK-TICKの歌詞やタイトルにはダダや未来派、ボードレールみたいな単語も出てきたりしますから

そういったシュルレアリスムや表現主義(ノイズ)なんかのモダニズムの流れ、ピカソやジョルジュ・ブラックなんかから始まるコラージュ的なものからも影響を受けていそうですね。

そう考えるとヒップホップのサンプリング文化も文脈は違うけどその系譜なんだろか・・・いや、ま、表層的な事ではありますが

また楽曲の構造的には王道の枠組みではあるものの、正にキング・オブ・独特

上がりそうで上がりきらない、たまに変なとこいっちゃう、平常の異常性、そんな感覚が彼等の大人なパーソナルと楽曲が符合している様な気もします。

楽曲によりけりですが、ありきたりに飽きてきたり、何となくマンネリしてきた時に聞くと、こんな表現もあるんだなって思える存在かもしれません。

 

割と初期の頃はBOØWY系のビートパンクっぽい路線で、カッティング多めの(時代的な王道?)ポップな楽曲が多い印象ですが

Six/Nine』とか中盤位から段々暗黒度や狂気というか、元々持ってるゴシック的表現や インダストリアルやオルタナ、シューゲ、エレクトロ等、色々アウトプットしていってる印象がありますね。  

 

という訳で、何だかまとまりのない緩い文章になっちゃいましたが、また上げていきたいと思います。

にほんブログ村 音楽ブログへ

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください