Skip to content

色々コピってMIXしてみる

最近はMIXの練習を兼ねて色々とカヴァーというか、コピーをしております。

その一曲目はひとりまねしーシリーズとして『LUNASEA』の楽曲、閉所恐怖症という恐ろしいタイトルの『Claustrophobia』

闇をつんざくギターとその世界を包んでいるアルペジオ、時に見える光のようなもの、でもまた闇に帰っていく・・・そんな楽曲ですね。

 

出来るだけスコアに記譜されてないところも拾っていければなぁといった感じ。

結構、記譜されてないフレーズがあったりしますね。EDENとか。

とはいっても最後に一回だけ出てくるフレーズとか、パッド的に鳴ってるやつとかですけど。

 

そうしてMIX作業をしておりますと、『コンクリートの中~、外を見ることも出来な~い~』ので、まさしく我が意を得たり。

ただ歌のミックスが難しいですね。いかに下手さがバレない様に、いやバレてるか(笑)

なのでリバーブとディレイで出来るだけ遠くの方に追いやっております。

ミックスについては自分にしてはまだ上手くいけた方ですかね。おそらくこれからどんどん酷くなっていく予感が・・・・。  

 

 

さてこのLUNASEAですが、今でこそ超メジャーな存在で、その影響を受けているミュージシャンも多いようですね。

元々クランベリーズやコクトーツインズ等のああいうニューウェーブ的な楽曲も好きなので、じわじわと浸食されていった気がします。 

 

その他の作品にはあまりなかった、マイナーキーのダークで攻撃的な世界と、少しコミカルでリズミカルな旋律やバンドアンサンブルの魅力がありますね。

初期によくあるのはベースがウネウネしてる上に、チャカチャカ左右から違うリズムでカッティングしてるパターンと、歪とクリーンの完全独立パターン。

『Claustrophobia』は完全に後者。

 

個人的には、STYLE以降どんどんシンプルになっていき、旋律よりもとりあえずワーミー踏んどけ的になり(とりあえずビールみたいな)

完全独立パターンもあまりなくなったので、うーん・・・普通になっちゃった感はあるかもですね

 

当時以前からニューウェイブやらポジパンやらシューゲイザーやらのバンド達が内外問わずいたので

彼らなりに色々昇華していたのかな。

 

今ではビジュアル系という表面的な形で総称されがちですが

思えばLUNASEA以降と以前では、それまでのパンク的バンドアンサンブルや、サウンドのスタンダードが変わり、良くも悪くもどんどん洗練されていった印象。

時代は違えどそれまでメジャーどころだった

BOOWY、THE BLUE HEARTS、BUCK-TICK、UNICORN、LÄ-PPISCH等々、どれも各々の良さがあるけど

一つ象徴的なモデルが出来ると、それぞれがジャンル分けされ閉鎖的になっていき、メジャーに関してはそうした多様性がなくなっていった気もします。

時代的にバブル崩壊前後なので、経済的な理由も背景にはあるのかな。

そこからはAIRJAM等を象徴としたメロコア/ハードコアの非メジャーからのインディーブームもあるので、そこらへんも関係ありそうです。

 

LUNASEAの場合、初期作品は毒っけたっぷりで

前世代のジャパコアやポジパンの影響もあったのか、初期RYUICHIはDEADENDのMORRIEや、ガスタンクのBAKIのような要素も感じます。

それこそガーゼ、ギズム、リップクリーム、あぶらだこ等のジャパコア系や

スターリンや有頂天、ラフィン、ウィラード、アナーキー等のパンク系

サディサッズ、G-Shcmitt、オートモッド等のニューウェーブ、ポジパン系

その他、YBO2、ソドム、ハナタラシ、ガスタンク、デッドエンド、トランスレコード系、ナゴムレコード系とかとか・・・etc

 

洋楽も含めるとキリなくなりますが、多様でカオスなアングラ的背景を感じます。

 

年代的に後追いですが、その後のミュージシャンのほとんどは80年インディーあたりからの流れにいるようなので

良くも悪くもよく語られがちな商業化し各ジャンルが分岐した後の文脈ではなく

カオスに入り混じった前世代からの文脈で見た方がより広くシーンの流れや音楽的な理解が深まるんじゃないかな、と思います。

 

当時ポジパンと言われていた↑のG-Schmittなんかもいたようで、現代にも繋がる原初時代を感じたり。

先人達に影響を受けつつも、それぞれが非常に私小説的で個人的な世界を再構築していったのでしょうね。  

という事でまたまた上げれたらアップしていきたいと思います。

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください