Skip to content

色々コピってミックスしてみる

最近はMIXの練習を兼ねて色々と試しにカヴァーというか、演奏、歌、ミックスまでやってみています。

今回は『LUNASEA』の楽曲、閉所恐怖症という恐ろしいタイトルの『Claustrophobia』

闇をつんざくギターとその世界を包んでいるアルペジオ、時に見える光のようなもの、でもまた闇に帰っていく・・・そんな楽曲。

 

LUNASEAはEDENとかもそうだけど、結構記譜されてないフレーズがあったりするので、出来るだけ拾っていければなー。

ま、最後に一回だけ出てくるフレーズとか、パッド的に鳴ってるやつとかだけど。

 

そうしてMIX作業をしていると、『コンクリートの中~、外を見ることも出来な~い~』ので、まさしく我が意を得たり。

ただ歌のミックスが難しく、いかにバレない様に(猛爆)リバーブとディレイで出来るだけ遠くのほーに、遠くのほーっに追いやっています。

ミックスについては自分にしてはまだ上手くいけた方かなぁ。おそらくこれからどんどん酷くなっていく予感が・・・・。  

 

 

さて、このLUNASEAですが、クランベリーズやコクトーツインズ等のああいうニューウェーブ的な楽曲もあり、じわじわと浸食されていった気がします。 

マイナーキーのダークで攻撃的な世界と、少しコミカルでリズミカルな旋律やバンドアンサンブルの魅力がありますね。

楽曲の構造的には、初期はベースがウネウネしてる上に、チャカチャカ左右から違うリズムでカッティングしてるパターンや、歪とクリーンの完全独立パターン。

『Claustrophobia』は後者かな。

 

アルバムごとの変化も大きくて、STYLE以降はどんどんシンプルになっていき、旋律というよりとりあえずワーミー的だったり(とりあえずビール的)

今思えばポジパンやゴシック、寺山とか澁澤とか、デカダンな世界観というより、NIRVANA以降のオルタナ寄りになっていったように思うなー。

当時以前からニューウェイブやらシューゲイザーやらのバンド達が内外問わずいたので、色々昇華していったのかなぁ。

 

今ではV系なんていう表面的な形で総称されがちだけど

彼等のフォロワーも多く、それまでのビートパンク的なパワーコードでユニゾン中心のアンサンブルも

各パートのリズムをずらしたり、シーケンス的にテンションを多用したアルペがのっかったりするアプローチがよくみられるようになったように思います。

Vampire’sTalkなんかのsugizoギターなんかは、全編に渡ってディレイで遅らせた同じフレーズが左右で輪唱みたいに追いかけてくるようになっていたり、そういったアプローチも面白いところ。

 

前世代のジャパコアやポジパンの影響なんだろうけど、初期RYUICHIはDEADENDのMORRIEや、ガスタンクのBAKIのような要素も感じるなぁ

それこそもっと前の世代はガーゼ、ギズム、リップクリーム、あぶらだこ等のジャパコア系や

スターリンやアナーキー、ラフィン、ウィラード、有頂天等のパンク系

オートモッド、サディサッズ、G-Shcmitt等のニューウェーブ、ポジパン系

その他、YBO2、ソドム、ハナタラシ、ガスタンク、デッドエンド、トランスレコード系、ナゴムレコード系とかとか・・・etc

 

洋楽も含めるとキリなくなりますが、多様でカオスなアングラ的空気感(恐ろしや)がありますね

 

年代的に後追いですが、その後のミュージシャンのほとんどは80年インディーあたりからの流れにいる気がするので

良くも悪くもよく語られがちな商業化し各ジャンルが蛸壺化、分岐した後の文脈ではなく

カオスに入り混じった前世代からの流れで見た方が、よりシーンの流れや音楽的な文脈がなんとなく見えくる気がするかな。

 

当時の↑G-Schmittなんかを聞くと、中森明菜的な重み(笑)や、トランスレコード系とか、その後のhide(X)とかZI:KILLにも繋がる原初時代が垣間見えたり。

 

それぞれが先人達に影響を受けつつも、それぞれが非常に私小説的で個人的な世界を再構築していったのでしょうね。  

という事でまたまた上げれたらアップしていきたいと思います。

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください